ys3666のブログ

健全な精神は健全な身体にあれかし

うるぎ24時間走チャレンジ no.2

補給

 

飲料:自分ではカップだけ用意して全て大会側に依存。

ポカリ:前半戦

お茶:ポカリに飽きてから。

コーラ:終盤戦。カフェインにも期待して。

コーヒー:眠気覚ましに飲んでみたけど、胃に良くなかった。

 

食料:なんか食べまくってたような。食べれなくなって走れなくなったわけではないので、補給戦略は成功といえる。

甘いものに飽きてきたら、ハッピーターンとかおかきが非常に美味しく感じる!という新発見。糖分は結構含まれているはずなので、エネルギーにはなるはず。

温かいもの、コーラ、フルーツ等多様性が重要。

 

1.自分で用意したもの

カツサプ:今回の目玉。かなりの高額品。7個あったので3時間おきに。

果たしてどれくらい効果があったのかは、実感できなかった。

とはいえ、メンタル的にはこういうのがあった方が頑張れるかも。

あと1時間頑張ればカツサプで復活できる!とか希望をもっていたので。

 

カップラーメン:半分の12時間で投入。ぺろりと食べれた。

まだ、少しでもタイムをロスしたくなかったので、歩いて食べた。

 

アスリチェーン:戦利品を活用。カフェイン入りx5、なしx4ぐらい

 

バームクーヘン

 

ロールケーキ

クリームパン小さい5個入りのやつ

 

電解サプリ

 

ミルキー:戦利品を活用。誤って噛んでしまい銀歯が外れた泣

 

塩分飴

 

スニッカーズ:普通の味と麦の味みたいなやつを半々

 

2.大会側

 

味噌汁:わかめ味を2杯

 

コーンポタージュ:1杯。2杯目欲しかったけど売り切れ。

 

売木村の団子:美味かったので3個ぐらい食べた。

 

バナナ:甘いものに飽きてきたので。

 

満足バーx1本

 

SOYJOYx1本

 

プロテインバーx1

 

キットカット:終盤戦で投入

 

ハッピーターン:終盤戦の救世主

 

おかき:同じく終盤戦の救世主

うるぎ24時間走チャレンジ no.1

日時:3 May 2021 10:00~ 4May 2021 10:00

場所:売木村土トラック 標高900m!

天候:3日の午後は基本晴れてはいたものの風が強く雨が降ったり止んだり。変な天気。夜からは穏やかだった。次の日の朝も晴れ。

 

準備

 

12/30 66.0km 6’07”/km

1/9    67.0km 6’11”/km

1/23 70.0km 5’51”/km

2/5   70.0km 4’22”/km

2/20 51.4km 4’43”/km

2/21 30.0km 4’12”/km

3/6   66.0km 4’33”/km

3/28 80.0km 4’29”/km  *葛飾

4/10 70.0km 4’11”/km  *戸田・彩湖

 

今年前半は短い距離を少々絡めつつもウルトラに懸けていたので、良い準備が出来たかと。直近の70kmも想定以上に走れた。

70kmで勝った女性の24時間ベストが、202kmというのをネットで見つけて、

であれば自分は200kmはいけるのでは?

ということでの目標200km。

 

装備:標高900mという高地でのレースということで、朝晩冷えるとの通知を受けて。

  1. ASICSサハラキャップ:1日目の夕方まで。サハラ部分はなくても良かった気もするけど。
  2. モンベル目出し帽:日が暮れてから。やっぱり相当冷えたので良いチョイスだった。

 

ゴーグル:コンタクト24時間は乾いて辛いかなと思いずっと装着。ちょっときつめな気がしたけど、UV的にも良かった。

 

上半身

  1. 南蛮singlet:夕暮れまで。スピリッツオブ南蛮
  2. ASICS Tシャツ:夕暮れ後冷えてきたので。
  3. RUN チェコ薄いジャケット:Tシャツと同じタイミングで。
  4. North Faceジャケット:日が暮れてからは 2+3でも寒かったので。
  5. ユニクロ ULダウン:夜中から朝にかけては、1-5総動員。
  6. モンベルレインジャケット:3日の午後に雨が気になった時に着用。

 

モンベルゴアテックス:夜中から早朝。思ったより冷えなかった。手先もっと冷えるかと思ったけど。

 

下半身

2XU短パン:ポケット付いてるので、一時的に補給後のゴミを入れとくに非常に役立った。上はかなり着込んだけど、下はずっと短パン。

ソックス:5本指。着替えなし。

 

シューズ

ASICS Meta Racer:3月、4月のウルトラで機能したので。履き替えなし。2位の方は履き替えていた。気分転換で履き替えという選択もありかも。

 

-ロードの旅的なレースと違い、400mごとにいつでも装着可能なので、その点は大きなメリットだった。持って走らなくて良い。極力身軽に走れた。

高地という条件は、難しくもあったけど面白い要素でもあったかなと。

 

2021年4月振り返り

ざっと4月振り返り。

 

・レース

Parkrun 馬堀海岸: 16:33

戸田彩湖70km : 4:52:38

Parkrun 浦安総合公園: 16:19

ハイテクタウン駅伝:15:50 New PB

 

新しい場所が開拓でき、5kmPB更新できた。新しい出会いもあった。

控え目に言っても最高の結果と内容。

 

・ワークアウト

彩湖70kmがあったので、そのテーパリングと疲労回復があり、あまり充実はせず。

負荷重めだったのは、世田谷の800m+400mx4を2セットと最後の南蛮5kmTTぐらい。

あとは多摩川で緩めといった感じ。

24時間走終わったら、週末は山に行く機会が増えるとしても短い距離にも注力できるはず。トラック or 南蛮代々木公園できるだけ参加したい。

 

・健康

眼科定期健診:問題なし。

体重は、ギリ54kg切れなかったけどほぼパーフェクト。

ほぼ自炊。炭水化物は週1ぐらい。

アーモンドを食べよう。

珍しい野菜にもチャレンジする。

禁酒:172日 禁アイス:262日

 

・財政

無駄な出費は四十九日の時にネクタイ忘れたので、急遽コンビニで買ったぐらいかな。

主な買い物

ランシュー:7000

サプリ類:8000

雑誌x2:2000

5月は新しいトレラン用バックパック買う予定。

28APR 5km TT

30日AM川崎月例3kmにするか迷ったけど、素早く帰れそうだったのと、30日は雨の予報だったので、南蛮5kmTTを選択。

代々木公園コースを4周ちょっと。

全力ではなく8割ぐらいで走ろうと思ってたので、狙いどおりの走りができた。

大一番までの最後の刺激入れ。

距離はちょっと長め?

自分のだと5.3km。

他の人は5.1kmだったり、4.8kmだったりしたので、実際のところよくわからない。まあ目的は果てせたのでよいかな。

 

終わった後は、代々木上原まで走って大黒湯。

サイケ全快。

音楽が流れていたり、不思議な置物があったり、やたらと著名人のサイン&写真が飾ってあったり。こんな奇天烈な銭湯があるとは。

底知れぬ渋谷。クール東京。

水風呂があり、交代浴できリフレッシュ。

東京銭湯84湯目。

 

 

200

199

189

187

185

 

17’25”

 

ピッチ:179

ストライド:153

 

28APR カツサプ

今朝は10kmジョグ+懸垂+流しx3

まだハイテク駅伝で発生した脇腹への違和感がかすかにある。起床した時のみ。

走るのには全然問題ないんだけど。不気味だな。

 

昨夜は、真さば、チーズ2枚、納豆、小松菜、トマト缶、エリンギ、ナス。

なかなかのコンビネーション。小松菜はちょっと場違いだけど。

真さばは骨が少なくて食べやすい。

そして、体重はなんと53.4kg。

これでブリは太るという仮説が間違いでないことがわかりつつある。

ただ単純に1パックの量が多いからだと思うけど。

半額品は食べきらないといけないので、食べ過ぎになってしまいますね。

 

昨日は、カツサプ購入。

なかなか高価なので迷ったけど、一世一代のレースでもあるので購入を決意。

錚々たる面々のコメントもあったし。

週末で、電解質とモルテン買おう。科学の力にも頼る。

 

新宿~上諏訪までのあずさ1号の切符も購入。

アクセスが悪いので、見た目以上に長旅になりそう。

移動及び宿で読む本も用意しなくては。

 

戦略的には、キロ6ペースを貫く。

補給と終盤の疲れで4時間ロスで200km。

この間の戸田70kmで自分よりちょっと遅かった人でも200kmクリアしてたので、可能性はあるはず。

UTMFの時みたいに補給では極力止まらない。

淡々と同じペースで走る。

あと5日!

26APR 15km @多摩川不整地

1日休息してからの15km。

軽めに。4分一桁台はいきたかったところだけど、とりあえずこなすことができたのでOKということにしよう。

ハイテクタウン駅伝と比べると、ピッチはそこまで変わらないけど、ストライドが30cm程短い。

終了後はタバタのみ。

 

 

263

255

256

250

255

248

245

249

247

248

253

254

251

254

248

Av. 252

ピッチ:177

ストライド:133

 

 

さて、24時間走まであと6日。

強者のブログを見て胃腸系のサプリメントを購入。胃腸は大事。

カツサプと電解質も買っとこう。

この経験はUTMBにも生かせるはず。

良さそうものは試してみる。

固形食はどうするか?

コンビニが近くになさそうなので、全部自分で調達して向かわなければならない。

大会側はあまり用意しないみたいなので。

おにぎりは日持ちしないので、パンがメインになりそう。

あとはお湯は多分あると思うので、麺類とかスープ類とか。

この補給関係とか寒さ暑さ対策で、結構明暗を分けそうですね。

 

 

24APR AM9:30 ハイテクタウン駅伝 @荒川戸田橋緑地陸上競技場

個人: 15’50” NEW PB チーム:1時間4分31秒

 

奥多摩駅伝以来の駅伝。2区担当。

前回の記録だと入賞狙えそうな感じ。

 

 

8時に西台の駅に終結して会場へ。

ハプニングあったが、なんとかスタートできる態勢が整った。

天気は快晴。風も大丈夫。

アップをしていると、脇腹に差し込み的な未知の痛みというか異変が。

(この異変は、翌日まで続いた。なんなんだろう。賞味期限切れのえごま油のせいかな)

これはちょっとヤバいんじゃないか。個人戦ならまだしも責任重大の駅伝。

 

2区なので、幸いまだ30分ぐらい回復の時間がある。

回復を祈って1区の戦況を見守るのと応援。

我々チームは良い感じで飛び出していき、3位で中間地点である本部へ戻ってきた。

上とも下とも差はわずか。緊張感の高まる展開。これぞ駅伝の醍醐味。

応援して帰ってくるのをドキドキしながら待つ。

1位帰還。タイムは驚愕の14分50切り。

我々チームは、4位で帰還。熱い展開。

 

走り始めて直ぐに一人抜き3位に。

入りの1kmは3分を切るペース。

なかなかの出だしだけど、興奮気味に入ったこともありやっぱり落ちてくる。

そして、タスキが早くもほどける 泣

結ぶのも面倒だし、それどころではなかったので、そのまま手にもって走る。

最初の折り返しで背後にぴったりつかれていた人に抜かれて4位転落。

めちゃくちゃ速い。どんどん差が広がる。

 

会場に戻ってきて3km経過。

既にものすごく苦しい。

しかし、3位が失速し背中が近づいてきている。

ということで、いつもだったら落ち込むところだけど頑張れて、その人を抜かし3位に浮上。2回目の折り返し。

上位との差はあるもののあと1km。

なんとか入賞圏内に浮上の3位でタスキを渡す。頑張りました。

差し込みは走っているときは大丈夫だった。

 

3区。

首位に浮上しそうな勢いで折り返してきた。

帰還も首位が狙える位置。4位とはだいぶ離れたので入賞は確実な感じに。

アンカーは好調なハリソンということで、期待が高まる。

1区を走ったGさんとこれはいけそうだな!と興奮気味に折り返しを待つ。

 

ハリソンは2位で折り返してきた。

三つ巴の戦い。残り2kmで1位にも3位にもなりえる距離感。

競技場から出て最後の直線で応援。

数秒差の争い。

結果は、ハリソンが奮闘するも5秒差で惜しくも2位。

優勝は逃がしたのは残念だけど、興奮的な展開でめちゃくちゃ楽しかった。

表彰式では20キロ走った猫ひろし選手&ワイナイナ選手とも記念撮影したりして、余韻を楽しんだ。

 

・自分の走り

 

177

180

179

183

183

15’47”(ちょっと走ってから押したので、officialは 15’50”)

ピッチ:185

ストライド:163

 

嬉しい自己ベスト!4秒更新。VF4%投入して良かった。

常に目標が前に走っている展開が良かった。

普段のparkrunだと単独走が多く、どうしても最後落ちてきてしまうので。

突っ込んで入りつつもラスト2kmの落ち込みを最低限に抑えることができた。

気温も良く、折り返しは2か所あったけど、完全平坦で好条件がそろった。

VF4%は400km消耗してるので、買おうとしてるmeta speed履いたらもっと

記録出るかも。ASICSの新作に期待しつつも自分も頑張れ。

夏はトラックレースで鍛えれるはず。

MxKがロードレースを始めるらしく 3’10”のペーサーがいる。

5月は熱過ぎになるリスクがあるので、秋にも開催されたらタイム狙いにいきたい。